親にとっては、子供将来のことを考えると、成績がいい方が良いですよね。成績が良ければ、子供本人の自尊心を傷つけることもないですし、進学や就職をするという点においても、成績がいいということは、一般的に有利なことです。子供の学力を向上させるためには、他の子よりも勉強に接していることが必要ですが、自分から勉強する習慣のない子供にとって、机で勉強をしていなさいと言っても、そう簡単にできるものではありません。そういった状況を変える方法としては、塾に通うということと、家庭教師をつけるということになります。ここでは、家庭教師についてもう少し深くお話をしたいと思います。

では、家庭教師を付ける場合にはどのようなメリットがあるのかということを考えていきたいと思います。

家庭教師のメリットとは

家庭教師の場合は、塾よりも先生とのつながりが深くなります。何よりも1対1で学習ができるので、子供がしっかり理解できるまで徹底的に教えてくれるというのは、家庭教師の最大のメリットということが出来ます。したがって、基礎からやり直すことが出来ますので、中学生の子が小学校のもう一度復習したいということは当然できます。つまり、家庭教師の場合は、カリキュラムは生徒の学習状態が最重視されるところだと言えます。一般的に塾に行くと本人の学力向上の進捗状況も重視される一方で、カリキュラムも重視されます。というのは、塾には多くの生徒が学力向上のために来ているので、一人の学力の進捗状況を追いかけていると、他の生徒の学習の進捗に大きな影響があるからです。では、どういう子が家庭教師に向いているのかというと、家庭教師は先生と生徒の1対1ということになりますので、みんなの前ではなかなか質問がしにくいと言う子や、マイペースな子や、自宅での学習習慣をつけたい方や、リラックスした雰囲気で勉強したい子などがおすすめです。ただ、家庭教師の場合は、何よりも子供との相性が大切なので、もし、子供との相性が悪い場合には、学習効果は全く上がらなくなってしまいます。そのため、先生選びがとても大事なポイントになることになります。

家庭教師の場合は、結局子供と1体1のコミュニケーションをするということもあり、学力向上ということを考えていくと、先生の成績が優秀であったとしても、子供との相性が悪いと、学力向上に大きな影響がありますので、その点、先生選びは重要なポイントです。また、先生選びのポイントとして重要なのが学歴です。その理由としては、この場合どういう学歴で判断をするかというと、ご自分のお子さんをどこの学校に行かせたいかと言うのは、どの家庭でも決まっていると思いますので、先生がその学校の卒業生であるということが望ましいでしょう。そういう先生であれば、その先生がお子さんの志望校をどのように入学することが出来るようになったのかということを、実体験として知っていますよね。そういう先生の合格体験談などは正に志望校に合格をして、その学校に在学をしたわけですから、何よりも参考になります。

家庭教師に費用相場

次に家庭教師に依頼した場合にはどの程度費用が必要なのでしょうか。確かに学校の成績が上がることは大事ですが、一方でどのくらい費用がかかるのかということも気になるところですよね。実際の費用感については、1時間あたり
・小学生が1,500円〜2,500円
・中学生が2,000円〜5,000円
こちらは受験が含まれていません。一般的な学校での学力向上を目指す場合です。受験を目指す場合には、これらの金額の1.5〜2倍ほどになります。また、人気のある先生になると、1時間あたり10,000円という先生もいます。ここで注意しておきたいこととしては、1時間あたりの金額下がれば下がるほど先生の質が低下するということです。このあたりは、口コミや知り合いなどとも話をして、先生選びを慎重に決めるようにしましょう。