家庭教師の先生を選ぶポイントと言うのは、とても難しいところですよね。親にしてみたら、子供の成績を上げるために家庭教師をお願いすることになるわけですよね。そうすると、成績を上げてくれる先生はどういう先生なのかということを、やはり突き詰めていくということが大事です。

いちばん大事なのは人間関係

家庭教師をお願いする上でいちばん大事なポイントは、先生と子供の関係です。やはり、子供が先生と一緒に楽しんで勉強ができるということが結果的に成績に向上するからです。ただ、難しいのは、そういう人間関係が構築できるには、それなりの時間がかかりますよね。でも、長期的に考えていくと、やはり先生との勉強が楽しいと子供が思ってくれるようにならないと、成績の向上は難しいですし、楽しく勉強ができないと自主的に進んで勉強をするという習慣はなかなかつけづらいところがありますよね。

勉強の楽しさを教えてくれる先生

そのためにはどうした良いのかということですけれども、例えば子供の頃算数が嫌いだったけれども、高校に入ってある先生と出会ったことで、数学のことが好きになって、結果として数学者になったという人によると、数学者になったきっかけは、高校時代に出会った先生の影響によるもので、どうして数学者になろうと思ったのかと言うと、数学を解く楽しさをその先生に教えてもらったからという話を聞いたことがあります。実際に学者になった人などは、出会った先生によってその学問が好きになって、更に探求をしてみたくなったという人はかなり多いですよね。

家庭教師も同じで、子どもたちに勉強をする楽しさを教えてくれる先生が、成績を向上させているというのが実情です。ただし、そういう人間関係にするためにはある程度の時間がかかります。そういう先生に出会うためにはどうしたら良いのかと言うのはとても難しいところです。

教師選びは気配りが必要

そういう点から考えると、子供が受け入れられるのは、一つは年齢というのは大きいところですよね。プロの家庭教師でも良いかもしれませんが、あまり先生が偉すぎても子どもたちが弾いてしまう可能性がありますし、年齢差が例えば自分の親ほどあった場合に、接しにくいというところがあります。そうすると、20台前半くらいの真面目そうな学生は、子供としては受け入れやすいでしょう。あとは、同じ話題という点を考えると、先生が目指す学校のOBであれば、学校の話題をしやすいですし、同じ地域に住んでいる人であれば、地域の話題で関係を和ませることが出来ますよね。要は、親としては先生と子供が馴染みやすいためにはどうしたら良いのかということを考えて先生選びをするのが良いでしょう。