成績を良くするための手段の中で、家庭教師にお願いをするという方法がありますよね。家庭教師をお願いする場合には大きく分けると3つのポイントがあります。一つは、お子さんが家庭教師に合うのかどうかということ。先生がどういう先生なのかということ。それと料金ですね。

家庭教師をお探しの方なら久留米市の家庭教師アーネストソフィア学院にご相談下さい。お子様に合った家庭教師を派遣致します。まずはお気軽にご連絡下さい!

お子さんが家庭教師に合うかどうか

まず、お子さんが家庭教師に合う子なのかどうかということについて考えてみましょう。家庭教師に教えてもらって効果が上がるタイプの子は、全般的におとなしい子です。この場合おとなしい子というのは、引っ込み思案と言っても良いかもしれません。学校や塾などでなかなか質問ができない子は、活発な子に比べると、そういう点でとても損をしています。家庭教師の場合ですと、そういう引っ込み思案の子と合ってさえすれば、しっかり質問も出来ますので、さらなる学力の向上も期待できます。ですから、親御さんも学校の担任の先生にも自分のお子さんが学校でどういう状況なのかということを確認したり、授業参観などに積極的に参加をして、お子さんの状況を確認するようにしてみましょう。

先生の学歴

家庭教師においてとても大事なことは、先生です。先生が優秀であるという点は、様々な分野からみることが出来ますよね。例えば、優秀な学校を卒業している先生であったり、教えるのが優秀な先生であったり、様々なパターンでチェックをすることが出来ます。客観的に先生を選ぶ場合の手段としておすすめなのが、ずばり学歴です。この場合どういう学歴で判断をするかというと、ご自分のお子さんをどこの学校に行かせたいかと言うのは、どの家庭でも決まっていると思いますので、先生がその学校の卒業生であるということが望ましいでしょう。そういう先生であれば、その先生がお子さんの志望校をどのように入学することが出来るようになったのかということを、実体験として知っていますよね。そういう先生の合格体験談などは正に志望校に合格をして、その学校に在学をしたわけですから、何よりも参考になります。

授業料について

次にチェックをしたいのは、家庭教師の料金です。やはり教育は長期的に続けなければ効果が上がりませんので、無理をしすぎて、家庭教師の契約をやめるということになると、今までの努力が水の泡になります。ですから、まずは予算の範囲以内ということを考える必要があります。あとは、急なイベントなどの融通に対応してもらえるかどうかというのも重要です。例えばお子さんが風邪を引いて、勉強ができなくなるということはよくあることです。そういう時にしっかり対応してもらえるかどうかということもチェックをしてみてください。